婚活のときのプロフィールの書き方は工夫が必要

興味を持ってもらうためにはプロフィールの文章が重要

婚活の始めに婚活サイトに登録してみる興味を持ってもらうためにはプロフィールの文章が重要自分の魅力を伝えるには工夫と配慮も必要と実感

自分で最初になんとなくで考えてみた文章だと、それこそ定型文とほぼ変わらないようなよろしくお願いしますの延長にしか見えないような、なんのひねりのない文章だったのでとても参考になりました。
大まかに選択肢も用意されているので、体型や容姿、趣味に学歴など必要そうな情報をざっくりと伝えることはできるのですが、もっと人となりを伝えていくためには文章を充実させることも自分を相手に伝えるためには大事なことなのだと実感できます。
参考になるとは思いつつも、細かく自分を見直して書くというのは意外と苦労しました。
普段の生活の中でそこまで自分について考えることはなかったとも言えるのですが、自分で思っている自分が本当に相手からもそう思ってもらえるものなのかと悩んだりしてしまったのです。
家族にも婚活と入ってはいないものの、客観的な意見をもらうべく話をしていたのですが、聞くのが気恥ずかしくなってしまったりと苦労しました。

書く内容量というのは文字数が決まっているので無限大に書けるわけでもありませんし、それでいてたくさん記入してあったからといって読むかどうかはまた別の話です。
自分がたくさん書いてあって読むのかと言われると、多分最初は大まかに相手の数値的な部分を見てから判断することになるのと、最初の数行の印象で最後まで呼んで見ようかどうか決めるなと思ったので、長ければよいものでもなさそうだと判断しました。
自己紹介・自己PRというのは創造している以上に大変でしたが、結婚をしたいと思うだけではなくて、後悔しないような出会いを探して結婚をするためには大切なのだなと改めて考えさせられます。