婚活のときのプロフィールの書き方は工夫が必要

自分の魅力を伝えるには工夫と配慮も必要と実感

あまりマイナス要素が書いてあると敬遠してしまいそうなので、自分もそのことにはなるべく触れないようにしつつ、興味を持ってもらえそうなアピールできる特技や好きなことなどを幾つかリストアップしてみることから始めました。
書き方などは特に決まりはないらしいのですが、大まかには手順らしき部分も雛形としてあるようで、挨拶から始まって、なぜ登録をしたのか、職業や趣味、興味のあること、休日の過ごし方に長所や短所など、短くまとめるにはかなりの文章力も必要そうなことに苦労させられてしまいました。
結婚観なども書いておいた方が良いらしいということを聞いたので、それぞれの項目に対して箇条書きにしてみて、それを文章にくっつけてみるとそこそこの文章になったので、これを適度に削ったり追加してみたりしました。
文章の記載欄には自分なりに吟味した内容を登録しておいて、写真も変えておいた方が好印象ということで何とか準備を始めてみたのですが、こちらも中々印象よく見てもらえるような写真を探してみて、登録し直しました。
プロフィールが充実するだけで印象がかなり変わるようで、きちんと体裁を整えたらやはり自分でもアクセスしてもらえる数が増えたのには意味があったのでしょう。
興味や趣味などはそのつど変わるので、たまには変えてみるのも良いものです。
相手のことを考えつつ、それでいて自分の魅力を伝えるには工夫と配慮も必要なのだなと婚活の大変さを実感できました。

婚活の始めに婚活サイトに登録してみる興味を持ってもらうためにはプロフィールの文章が重要自分の魅力を伝えるには工夫と配慮も必要と実感

婚活婚活アプリ