婚活のときのプロフィールの書き方は工夫が必要

婚活の始めに婚活サイトに登録してみる

婚活の始めに婚活サイトに登録してみる興味を持ってもらうためにはプロフィールの文章が重要自分の魅力を伝えるには工夫と配慮も必要と実感

婚活を始めようと思ったときに、スマートフォンでも無料の会員登録ができてアプリも使えるという便利さに引かれて試しにダウンロードしてみました。
会員登録自体は気軽にニックネームやメールアドレスなどを入力していくだけなのでとても簡単だったのですが、会員登録を終えた後に自分専用のマイページが設けられていて、その設定をしていくのに頭を悩まされました。
写真に関しては一旦適当なものを登録して後から差し替えるにしても、プロフィールを埋めていくにも書き方が分からなかったのです。
登録した時点ですでに入力が入っている定型文は「よろしくお願いします」の一文だけだったので、自分自身でもあまりに愛想がなさ過ぎると感じました。
もしも自分が他の会員の自己紹介のところを見ていて、定型文のままで何も変化がなければ連絡を取ってみようと思えませんし、興味が湧かなくてそもそも詳細を見てみる気にもなりません。

聞いて!!!
ヤケクソで婚活パーティー潜入して爆散してきたよ!!!!www pic.twitter.com/n49ADGrwsx

— cameria (@cameria7) 2019年7月16日
何気なく記入するところも多かったので面倒に思えてしまったのですが、結婚したいと思って自分からアプローチをするときにも、そしてアプローチをしてもらうために興味を持ってもらうためにも重要なポイントなのだなと改めて感じました。
ただ、実際に何を記入すればいいのか分からず、しばらく本格的な文章を入力する前に男女ともにどんな内容を書いているのか参考に、会員のプロフィール内容をチェックをしてみることにしてみました。
操作を覚えるついでに、男性女性ともにアクセスが多いだろうと思える方の内容を見ていくと、大抵がそこそこの文章量を書いているのに驚かされます。
丁寧語なのはもちろんですが、自分の書きたいことをあれこれ書くのではなくて、見てもらうことを意識しているのかなと思えるような文章になっていました。